下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤とは、足の静脈が膨らんで瘤(こぶ)状になる病気です。原因は下肢静脈瘤の原因の項目で詳しく解説していますが、足の血液が心臓に戻りづらくなって足の静脈が膨らんでしまった状態です。このためにだるさや、明け方に足がつるなど様々な症状が出てしまいます。

下肢静脈瘤の原因

静脈瘤は心臓へ戻るべき血液が静脈の弁が壊れてしまったために下肢へと逆流してしまうために起こります。
妊娠・出産後の女性や、立ち仕事(調理師、美容師、教師など) の方、家族に静脈瘤がある方などに多く発生します。

下肢静脈瘤の原因に関する詳細を知りたい方は『こちら』をご覧ください。

下肢静脈瘤の症状、予後

下肢静脈瘤の症状としては、下肢のだるさやむくみなどがあります。また明け方に足がつるというのも特徴的な症状です。静脈瘤の病気が進行すると、皮膚に色がついてしまったり(色素沈着)、足のくるぶしの上のところの皮膚が炎症を起こしたり(静脈うっ滞性皮膚炎)、重症の場合は皮膚に欠損(潰瘍)を形成してしまう(うっ滞性潰瘍)ため注意が必要です。
色素沈着
色素沈着
静脈うっ滞性皮膚炎
静脈うっ滞性皮膚炎
静脈うっ滞性潰瘍
静脈うっ滞性潰瘍

下肢静脈瘤の診断・検査法

下肢静脈瘤の診断には、問診、視診、エコー検査(写真下)、静脈造影検査、静脈機能検査などがあります。
中でも静脈エコー検査は無侵襲検査で痛みもなく有用な検査方法です。血管外科専門医のいる病院などで施行可能です。
また静脈造影検査や、機能検査は手術前など必要に応じて施行しています。

下肢静脈瘤の治療

下肢静脈瘤の治療は様々な方法がありますが、まずは侵襲のない方法として静脈を上から圧迫するために、弾力(弾性)ストッキング(写真下)を着用していただいています。

さらに程度や症状により手術療法などを必要とする場合があります。
具体的には
(1)静脈結紮術(高位結紮術)、静脈抜去術(ストリッピング術)、レーザー焼灼術など
(2)静脈瘤硬化療法、静脈瘤切除術など
があります。
上記の(1)、(2)の治療法を組み合わせて局所麻酔や全身麻酔下に治療を行っています。

下肢静脈瘤の治療法に関する詳細を知りたい方は『こちら』をご覧ください

静脈瘤の原因(詳細)

静脈は心臓から動脈を通って各臓器へと運ばれてきた血液を心臓へと返す役割があります。
下肢の血流は主に筋肉の下を通っている深いところにある静脈(深部静脈)と浅いところを通っている表面の静脈(表在静脈)を介して心臓へと戻っていきます。これらの静脈内には重力に逆らって血液を心臓へと戻すために逆流防止弁が備わっています。(図1、2)
下肢静脈瘤はこの逆流防止弁が壊れてしまうこと(弁不全)により静脈血が心臓へと戻らずに足へ戻ってきてしまい(逆流)、表面の静脈が膨らんで瘤(こぶ)状になる病気です。(図2)

図1
図1

図2
図2

静脈瘤治療の詳細

(1)静脈瘤の原因である逆流している静脈に対する治療

A)静脈結紮術(高位結紮術)(図3)
逆流している静脈を根元から縛って(結紮)、切断する方法
【利点】局所麻酔、外来で施行可能。
【欠点】再発が多い。

B)静脈抜去術(ストリッピング術)(図3)
逆流している静脈を抜き取ってしまう方法
【利点】根治的(再発が少ない)。
【欠点】侵襲(負担)がやや大きい。数日の入院が必要。

C)レーザー焼灼法   血管内レーザー焼灼法
逆流している静脈をレーザーなどを使ってつぶす(焼灼)方法
【利点】侵襲が少なく傷がつかない。
【欠点】再発が多い。保険が利かない。

(2)実際の静脈瘤に対する治療

A)静脈瘤硬化療法(図3)
静脈瘤の中に静脈を障害して固めてしまう薬剤(硬化剤)を注入する方法
【利点】傷がつかなく、美容的に優れている。
【欠点】皮膚の壊死、色素沈着がおこることがある。

B)静脈瘤切除術(図3)
実際に静脈瘤を切除する方法
【利点】根治的である。
【欠点】小さな傷が沢山できる。痛みを伴う。

図3
図3

具体例としては・・・

1.局所麻酔を用いた静脈抜去術と静脈瘤切除術やフォーム(泡状)硬化療法の併用療法
日帰り入院、あるいは1泊2日の入院で施行可能です。
根治性と美容性を両立させた新しい方法です。手術直後から歩行可能のため、静脈血栓塞栓症の危険が少ないと考えられます。(写真)

2.比較的症状や程度の軽い静脈瘤には
外来手術で局所麻酔を使って高位結紮術を施行し、後日外来で静脈瘤硬化療法を施行しています。

3.症状や程度の重い静脈瘤には
入院していただき全身麻酔や腰椎麻酔を使って静脈抜去術と静脈瘤切除術を同時に施行しています。当院では合計約4日間ほど入院していただいています。

局所麻酔下静脈抜去術+フォーム硬化療法併用 手術前後写真
局所麻酔下静脈抜去術+フォーム硬化療法併用 手術前後写真
このページの先頭へ戻る
医療関係者の方へ
診療実績
名古屋大学血管学科の診療実績
入局案内
大学院生、入局者募集
学会開催予定
名古屋大学大学院医学系研究科血管外科学分野が主催する学会・研究会予定一覧

アクセス
〒466-8560
名古屋市昭和区鶴舞町65番地

JR中央線・鶴舞駅(名大病院口側)
下車 徒歩3分

地下鉄(鶴舞線)鶴舞駅下車 徒歩8分

Bing地図を見る→
アクセスマップを見る(PDF)→
詳細なアクセス情報はこちら→